KYOTO徒然日記

mooyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 30日

天津閣

そんなに頻繁に行くわけではないけど、街の風景に溶け込んだように
いつもそこにあるから安心できる。
最近、昔からごく当たり前にあったそういうお店がどんどん減ってきたように感じます。

57年続いたこのお店も今月いっぱい(つまり今日)で閉店されるということです。
一昨日行った時には、最後を惜しむ年配の客や、若いお客さんで満員でした。

ちょっと前に、ここの交差点を少し北に上がった老舗の喫茶店も閉店しています。
この界隈で昔から続いていたお店がほぼ同時に二軒なくなってしまうという事です。

「昭和は遠くになりにけり」でしょうか。
時代の流れとは言え、普段使いの昭和のお店が消えていくのは寂しい限りです。



c0048079_1014536.jpg






c0048079_102279.jpg






c0048079_102362.jpg






c0048079_1024777.jpg






c0048079_1025669.jpg

[PR]

by moo_yoshi | 2011-11-30 10:06


<< 岩倉から八瀬へ      吉田から真如堂へ >>