KYOTO徒然日記

mooyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 12日

3 月 1 2 日 (金)

市街地にある昔ながらの公園はその地域の歴史を物語っているように思う。
この紫野柳公園も京都に昔からある普通の公園だが、
昔のラジオ塔の遺構が残っているということを京都新聞の記事で知った。
以前からそのモノ自体の存在は知っていて写真も撮っていたのだが、
それがラジオ塔の遺構だということはその記事で初めて知った。


c0048079_19485445.jpg
紫野柳公園。
閑静な住宅地のなかにある。




c0048079_1949413.jpg
表示板によると油小路通と小柳南通の交差点の北東角になる。




c0048079_19491431.jpg
東西に細長くて結構広い、遠くに比叡山が見える。
平日のせいか人っ子ひとりいない。




c0048079_1949243.jpg
東の端、演台のように一段高くなったところに
石造りのベンチと一体化したラジオ塔の遺構がある。




c0048079_19493468.jpg
左側から。
丸窓に鉄格子の嵌った部分が特徴的だ。
全体的にはアールデコ調のデザインでまとまっていて時代を表している。




c0048079_19494471.jpg
右側から。




c0048079_19495433.jpg
古いものだけに損傷した部分もあるが、
ほぼ原型で現在まで残っているのは珍しい事だと思う。
造りがしっかりしてるので、ほったらかしにされてただけかもしれないが・・・




c0048079_1950391.jpg
左右に一対ある石段の部分だけ材質が新しいようなので、
改修されたか新たに作られたものかもしれない。




c0048079_19501319.jpg
ラジオ塔から少し離れたところに「区画整理之碑」がある。
洛北中部5地区の区画整理について書かれていて、
昭和10年9月の日付になっている。
この公園も区画整理と一緒に作られたものだと思うので、
それから75年経過したことになる。




c0048079_19502246.jpg
公園南側の入り口の門柱と囲い
こういう部分にもアールデコの影響が感じられる。
造形がモダン。




c0048079_19503375.jpg
囲いにはところどころ亀裂がある。
古いものだけに仕方ない。




c0048079_19504236.jpg
囲いと縁石の隙間にタンポポが咲いていた。
[PR]

by moo_yoshi | 2010-03-12 20:07


<< 3 月 1 4 日 (日)      3 月 8 日 (月) >>